特別養護老人ホーム(特養) 求人

特別養護老人ホーム(特養)求人の仕事内容・就業形態・お給料

特別養護老人ホーム(特養)の仕事内容としては、
入所している利用者に対しての食事介助、排せつ介助、入浴介助などの生活支援や健康管理などが仕事となります。

 

特別養護老人ホーム(特養)という性質上、スタッフは24時間常駐する必要があるので、24時間交代制で夜勤がある施設がほとんどです。

 

待遇面は、夜勤手当、準夜手当、資格手当、社会保険完備、交通費支給、昇給・賞与ありの会社がほとんどです。

 

お給料としては、常勤は月給30万円ほど。非常勤は17万円ほどが平均のようです。

 

 

特別養護老人ホーム(特養)常勤・非常勤の求人割合

 

特別養護老人ホーム(特養)の常勤(正社員・契約社員)と非常勤(パート・アルバイト)、それぞれの求人割合はどれくらいでしょうか。

 

特別養護老人ホーム(特養)の求人を多く出しているカイゴジョブを見ると、
割合としては常勤6:非常勤4の割合で募集が出ているようです。

 

 

特別養護老人ホーム(特養) 未経験・無資格でも応募できる?

 

特別養護老人ホーム(特養)では、介護職未経験、無資格者でも応募できるのでしょうか?
カイゴジョブで求人を見ると、介護職に就いたことのない未経験者や、介護資格を持たない無資格者でも募集している介護事業所はあります。

 

数としては、特別養護老人ホームの求人のうち、約2割ほどです。
なので割合としては殆どが経験者や有資格者を希望している事業所がほとんどということです。

 

あなたが介護職未経験で、資格を持っていなく、特別養護老人ホームで働きたい場合は、
応募できる求人に限りがあるので、気にいる求人があれば早めに応募してみた方がいいかもしれません。

 

また、もし介護資格無資格で採用されたとしても、初任者研修などの資格は取るよう勧められることになるでしょう。
無資格で応募するのなら、資格の勉強をするつもりがある人じゃないと応募はしないほうがいいでしょう。

 

 

 

特別養護老人ホーム(特養)中高年でも応募できる求人は?

 

特別養護老人ホーム(特養)では、中高年でも募集している求人はあるのでしょうか?

 

介護求人サイト・カイゴジョブで求人をチェックしてみると、
特別養護老人ホームの募集のうち、約1〜2割は中高年歓迎の募集でした。
なので、応募できるチャンスはあります。

 

無資格でもチャンスのある介護事業所はあるでしょうが、
特別養護老人ホームの仕事はハードなので、ヘルパー2級(初任者研修)以上の資格を持っていた方が採用されやすいと思います。

 

 

特別養護老人ホーム(特養)とは

特別養護老人ホームは、寝たきり状態、認知症、身体・精神の障害などにより、
常に介護を必要とする要介護者が入所できる施設で、在宅介護が難しい高齢者が入所しています。

 

社会福祉法人や地方自治体などが運営主体とされている公的介護施設なので、
低料金で長期入所できて、尚且つ手厚い介護を受けれるというメリットがあります。

 

その分、申し込んでもなかなか入所できない入所待ちの待機者が多いのが問題となっており、
現時点で52万人以上が全国で待機していると言われています。

 

入所者は重度の要介護者がほとんどなので、「終の棲家」的存在となっています。